読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

【人に喜ばれる存在になろう】ありがとうの神様

アフィリエイターというか、
ビジネス全般において『感謝』の気持ちが必要かどうか、
この本が訳に立つのかいうと、やっぱり役に立つような気がする。
根っこの部分として、とても大切なことなのではないかと思うのです。

 

f:id:k0s5j7aencj:20160418111931j:plain

ありがとうの神様 
小林正観 (著)

 
いくつも、なるほどと思うところがありましたが、
覚えておきたいところをいくつか。


「どうしたら売り上げが上がるか」
「どうしたら利益が出るのか」
「どうしたらお客さんが増えるのか」

 

というのは、

 

「どうしたら喜ばれる存在になるのか」

 

を考えて行動していれば、おのずと結果がついてくる

というもの。

 


確かに、アフィリエイターでも、
役に立つ情報を提供して喜んでもらうことで、
利益につながる気がするのです。

 

その根本的な部分をはき違えないようにしよう、と思いました。

 


あとは、

「出口入口」と言うように、
「出る、出す」が先なのです。

 

だから、まずお金も自分が先に出すべきなのです。

 

「お金が貯まったら、寄付しよう」ではなくて、
「寄付とか施しをしなかったからお金が入ってこない」

のだということ。

 

これはなかなか難しいのですよね。
ついうっかり、上記の考え方をしてしまう。

 


お金は人に役に立つように使っていれば、きちんと循環するのかもしれません。

 


その他、トイレ掃除の効用や、ありがとうの言葉の効用について書いてありました。

 


私は今ではお風呂で毎日1000回のありがとうと、
毎朝、起きたらトイレ掃除がすっかり習慣になりました。

 

 

おかげで気持ちよく過ごせている気がします。
なんでも良さそうと思ったら素直にやってみるのはなかなか良いですね。

 


ありがとうという感謝の言葉は確かに力があると思います。