向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

⑤【失敗は失敗にあらず】思考は現実化する

成功するためには何をやりたいかを選び、
計画をたて、行動を起こし、忍耐力をもって粘り強くやること。

 

素早く決断し、変更が必要になるまで、一度決めたことは変えない。

 

 

f:id:k0s5j7aencj:20160511122439j:plain
思考は現実化する(上巻) [ ナポレオン・ヒル ]

 

f:id:k0s5j7aencj:20160511122420j:plain
思考は現実化する(下巻) [ ナポレオン・ヒル ]

 


そして最初に立てた計画がうまくいかなければ、
失敗を教訓にしてまたすぐに新しい計画をたてれば良い、
そしてすぐ実行するのを何度でも繰り返せばよい。

 

つまり失敗と認識して、そこでやめなければ、
失敗でさえないのだ。
ただの過程である。


勝利者は諦めないから、落伍者にはならない。


反対に挫折する人の多くは、なかなか決断せず、頻繁に決めたことを変える。

 

ここでもやはり信念が大切な要素なのだと分かる。
信念の力が失敗を失敗でなくするのだと思う。

 


そしてここで思い出すのが、
私の高校受験の時なのだが、
この信念の力で受けたかった高校を受けた。

 

回りの親や先生に、難しくて無理だから、
私立はもう一つ希望を下げなさいと言われていたのだが、
なぜそんなに自信があったのかは自分でも分からない。

 

けれど、「わたしが落ちる訳が無い」と本気で思い込んでいた。
そして合格して、目標を達成した。

 

そう考えると、誰に何を言われても、
「絶対に大丈夫」という信念を持っていたから、
それが叶ったのだと思う。

 

だからなんとなく信念とはどんなものかという感覚が分かる気する。

 


しかしながら、大人になるにつれ、
「どうせ不可能だろう」のフィルターが強くなっていったような気がしている。

 

これは今、意識的に不可能のフィルターを捨てて、
強い信念を持つ時が来たのかもしれない。


実は、まだ『思考は現実化する』の本を半分くらいしか読めていないのだが、
どのページをめくっても大切なことしか書いていない。

 

アフィリエイターを目指している人だけでなく、
全てに人に大切なことを教えてくれる良書だと思う。

 

是非一読をオススメしたいです!

 

そして、また続きを書いてアウトプットして行きたいと思う。