向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

【お金に関しての今までの思い込みを捨てよう】一生お金に困らない生き方

f:id:k0s5j7aencj:20160720113810j:plain
一生お金に困らない生き方 [ 心屋仁之助 ]

 

あなたが本当にほしかったのは、お金そのものではなく、

お金がたくさんあるときの安心感。 

 

つまり「お金がある」ということは、やりたいことを選ぶことができるという選ぶ自由が手に入ることなんですね。

 

その安心感を得るためには、「自分にお金をがある 」と考えるのが先だということ。

 

つまり、私たちはどんなに貯金があってもまわりから見てたくさん持っていると思われても、自分自身が「ある」と思わないとお金はずっと無いことになってしまう、という事なのだと思います。

 

金額の多い少ないではないのです。きっと。

 

 

自分が働かなくても

価値を提供しなくても、

何もしない自分でも、

いっぱいもらっていいんだ、という考え方に変えてほしいんです。

 

確かに私たちは、労働の対価として収入があると思い込んでいます。

歩合給だと思っていますが、その何もしなくても、収入を得ることができる自分であるという「存在給」というものを認めることが大切だと書いてあります。

 

確かに、私自身、何もしなくても寝ていても、お金がもらえるとは思っていないです。
でもそう思っているからお金が入ってこないのだと!そういう事なのです。

 

そういえば、どこかのお金持ちのお嬢さんだと、何もしなくてもお小遣いがもらえて、
好きなものが買えて、好きな洋服が買える。
どうしてそれが出来るかというと、彼女はそれが当たり前だと思っているから。
何もしなくても自分にはその価値があると思っているから。

 

そういう人と私の違いは、「何もしてなくてももらえるお金」=「存在給」として
自分に設定している金額が違うだけなのです。

 

私が0円だとすると、彼女は100万円かもしれない。
そんなの環境が違うから・・・と思ってしまいがちなのですが、
もしかしたら、「自分がそう思っている」という想念が先でその現実があるのかもしれません。

 

「ある」と信じてみる。あなたが常識だと思ってきたセオリー、定石、王道、つまり大前提を変えてみる。 

 

すべてに置いて言えるのかもしれませんが、今の自分の状況がなんだかおかしい!
こんなはずではなかった!と思うのであれば、
自分の中の常識を打ち破ることが大切なのかもしれません。

 

まずは、「お金がある」と思うこと。

そして、自分の存在給を高く設定する必要があるのかもしれません! 

 

面白いですね。

きっとそんな訳ないと思えば、今までと同じ生活だし、
でも、まず考え方を変えればすべてが変わるのかもしれない。

 

人生は壮大な実験場なんだと思います!