向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

【脳の抑制を外そう】結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方


結果を出せる人になる!「すぐやる脳」のつくり方 [ 茂木健一郎 ]

⇒電子書籍はこちら

 

とても面白いなと思うのが、最近似た内容の本を思わず手に取っているということです。

 

これはきっと自分自身が課題だと思っている部分にピンとくる内容だと、

なんとなく思うから引き寄せるのかなと思います。

 

おそらく自分の課題は「やらなければいけないと思っているのになかなか行動にうつせない」ということなのでしょう。

 

この茂木さんの本は、すぐやることが大切というお話とともに、

すぐやる脳を作るには・・・ということを書いてあり、

とても興味深く読みました。

 

スポンサーリンク

 

 

特に心に残ったのは、この部分

「やろうと思っている、けれどもなかなか行動に移せない・・・」と悩んでいる人は、決して「すぐやる」ことが苦手な訳ではなく「脳の抑制の外し方」を知らないだけなのです。

 

これは、正に私自身の状態です。

どちらかというとかなり真面目に生きて来た気がするのですが、
それが過ぎると抑制作用となってしまい結局何も行動出来ないという結果になっているのではないでしょうか?

 

途中まででも不完全でも構わないから、まずはすぐやってみることを心掛けて、

そして、始める前に色々とぐるぐると考えてしまう時は、これが抑制作用だなと意識するようにしてまずははじめの第一歩を踏み出せるように実行してみようと思います!