向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

【千葉と埼玉の違うところについて考えたことはあるだろうか?】多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉!


多眼思考 モノゴトの見方を変える300の言葉! [ ちきりん ]
⇒電子書籍はこちら

 

ちきりんさんのツイッターの呟きを集めた本なのですが、
確かに彼女の視点や思想に関してつまびらかになっていることを実感します。

 

実際にツイッターをフォローしていますが、
時間がたつとテーマが移り変わってしまうため、
こうして色々な事に通じる普遍的なツイートを集めると、
実際の深層の意図などがしみじみとよく分かるなと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

 

特に、こんなこと考えたことも無いってことについての視点を与えれるものは特に面白いなと思います。

 

千葉って何か作ってもすぐ「東京〇〇」って呼称にするけど、埼玉はちゃんと「SAITAMA〇〇」っていう名前にしてるから、そのうち、世界に地名が認知されるようになると思う。 

 

これなんてめちゃ面白いな~と思いました。
日本人に対してだけを考えるなら、より東京に近いことを売りにするためにその方法を選んでいるんだろうけど、世界に対してと考えるなら地名を売るという機会の損失と言える訳ですもんね。もったいない。

 

テレビ番組って、女性識者や女性社長を「二児の母である」って紹介し、男性についてはそう紹介しないことが、「子育ては女性がするもの」というプロパガンダに加担することと同義であるって、理解できていないレベルの人が作ってるんだよね。

 

こういうのを見ると、実際に女性である自分自身もそのプロパガンダに毒されていることに気づくきっかけになります。
あまりにも当たり前のようにそういう思想を刷り込まれている気がする。
だからなかなか疑問を持つことさえ出来ないでいるのかも。

 

正にタイトル通りの多眼思考を持つのって必要だな、と思います。
色々なものを多方面から考えること。
思考停止に陥らないこと。
変化を恐れないこと。
みんなと同じが正しいと思わないこと。
そしてそれが出来るようにこういう本を読み続けること。

自分のためにもなるだろうけど、面白い本でした!