読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

向学のために読む本を記録するブログ!

本を読むことは財産だ!と思っています。ただ読んでインプットするだけではなく、心をに残った部分をアウトプット!ビジネス書から精神論までピンと来た本はどんどん読んでいます。

①【不可能を設定しない】思考は現実化する

f:id:k0s5j7aencj:20160509143252j:plain
思考は現実化する新装版
ナポレオン・ヒル(著)
セブンネットはこちら

 

 

とても大切なことがたくさん書いてあったので、
心に残ったところを書きだしながら、
自分の中に刻み付けたいと思うような内容だった。

 

なので、何度かに分けてアウトプットしたいと思う。


まず『成功』の定義について考えてきたことがあっただろうか?
と考えさせられた。

 

成功の定義として記載されていたのは、


成功とは、他人の権利を尊重し、社会主義に反することなく、自ら価値ありと認めた目標『願望』を黄金律に従って、ひとつ一つ実現していく過程である。

とのことだった。


そして、黄金律とは、『自分がしてほしいと思うことは、何よりもまず他人にそうしてあげること』なのだそうだ。

 

こうして考えてみると、『成功』とは人に寄って違う形を持ったものなのだと分かる。

ある人にとっては、お金を儲けることであり、
ある人にとっては、海外で暮らすことかもしれないし、
ある人にとっては、森を作ることかもしれないし、
ある人にとっては、魚の養殖を事業家することかもしれない。

あくまでも、目標は自分で決めるもので、
人から与えられた目標を達成しても、それは成功と言えないのだ。

 


だからまず、成功をするために大切なことは、
自分が何を成し遂げたいのか、
何を目標としていて、何をすることをで成功したいのかを
知ることがまず成功の第一歩だと分かる。

 

そして、その目標に対して、不動の信念を心の中に持つことで、
その思考が現実になる可能性があり、
その能力は誰もが持っている。


特に知っておかなければいけないのは、
『その能力は誰もが持っている』ということかもしれない。

得てして人は、自分にはそんな能力はなく、
特別な人だけが成功すると考えがちだ。

 

まずそこの意識を変えないといけないという事だ。

 

そして、もしかしたら自己洗脳とも近いかもしれないが、
揺るぎない不動の信念を持つことが必要なのだ。


ただ、それが出来ないのは、
一度の失敗で、諦めてしまう人が多いからだそうだ。

 

実際に自分を振り返ってみても、
確かにすぐ諦めてしまう。

 

スカッシュの競技をしていたが、
1セット取られると、もうそれで負けると
そう思って諦める自分を思い出す。

 

 

私たちは不可能という言葉に慣れ過ぎているのかもしれない。

どうせ無理だ。
どうせうまくいかない。

どうしてそんな思考にすっかり慣れてしまっているのだろう?

 

でも、きっともう大丈夫だ。


今、それを疑問に思ったということは、
『不可能』ではないのに、
すぐ不可能だと思ってしまう考え癖があることを自覚し、
それに対し自覚が出来たのだから。


もう一つ、成功するために大事なのは、素直なものの考え方だそうだ。

 

これも不可能を可能にする考え方の一つだろう。
『どうせ不可能』のフィルターをかけて何かに取り組むのをやめる代わりに、
なんでも素直にやってみればいいのだから。


そして、この本のタイトルにもあるように、
心で考えて実現可能だと思ったことは現実化するのだとしたら、
自分がどうなるかを決めるのは自分自身だということ。

 

自分自身が思考することが現実になるということは、
それはつまり、不可能と思わなければ、必ず叶うと言えないだろうか?

 

自分で限界を作り出さずに
願望を設定することが大事であり、
きちんと具体的な目標を立てる。

 

本当に大切なことはとてもシンプルだ。


信念を持つために必要なものは、心を開き、
素直さとゆとりを持つようにすること

 

そして、信念が願望と結びついた時、望みが実現する。

 

その信念が限界を打ち破る力をくれる。
失敗を乗り越える力をくれる。


しっかり願望を決めたら、
感情をこめて読み、繰り返し行う事により、
願望に信念の力が加わる。


繰り返しの力。
シンプルに考えること。

 

今日から出来ることばかりだ。
インプットしたことは、
こうして書くこと、声に出して読むこと。

 

それを素直に実行すること。

 

まずそこから始めてみようと思う。